性病を防いで後悔のない生活を【健全アピールでパートナーも安心】

医者

病院か保健所かセルフか

病院

性病検査を受ける事はとても大切であり、人にウイルスを移さないためにも定期的にチェックした方が良いでしょう。性病を受けられる場所として、病院や保健所、検査キットを使うの三種類があります。性病にかかってしまった事は恥ずかしい事ではなく、ウイルスによってもたらされた症状と認識した方が気分が楽になるでしょう。パートナーの方にウイルスを移さないためにも何かしらの方法で検査して治療しましょう。検査キットは自宅でも行える方法ですので、病院などに行くのが恥ずかしい方は検査キットを利用すると良いでしょう。血液や粘膜などを採取し、検査機関に発送するだけで結果が出てきます。行われる検査の方法は病院と変わりませんので、後は正しい方法で検査するだけで問題ありません。

病院で検査を受ける場合、性病について調べたいと伝えれば専門の場所に案内してくれます。主な場所として、泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科での受ける事が出来ますが、検査の他にも費用が発生するので注意しましょう。また、保険適用外の場合もありますので心得ておきましょう。検査で症状が発覚した場合は、その場で治療方法などを決定出来るのが一番のメリットです。予約などをするとスムーズに調べられます。保健所の場合、検査費用がかからないというメリットだけでなく匿名で検査を受けられます。保健所で行っている主な内容はHIV検査がメインですので、性病全体をくまなくチェック出来るわけではありません。日にちなどもまばらですので前もって確認する必要があります。費用を抑えつつ、自分の名前を公表したくない場合には有効的ですので、日にちと場所のチェックさえ行えば有効的な手段となっています。

Copyright © 2015 性病を防いで後悔のない生活を【健全アピールでパートナーも安心】 All Rights Reserved.